西部湯瓜のshow論文

思考のログがメイン。他にも色々。

『NARUTO』論~イタチとサスケ編

NARUTO』は、国民的漫画だけあって、各所で様々な論評がなされているが、それらは大方のところ、「前半は名作なのに後半は駄作」の一言に集約される。この評価に異論はない。ただ、そんな不評の声ばかりが聞こえる後半の中でも、読者の間で名シーンとの呼び声が高い場面が存在する。
 
 
「お前はオレのことをずっと許さなくていい お前がこれからどうなろうと おれはお前をずっと愛している」
 
画も見開きいっぱい贅沢に使われていて、作者が力を込めて描いたシーンだということが伺える。しかし、評判の良いこのシーンについても、ぼくは延命が招いた失敗だと思うのだ。
 
「(中略)おれはお前をずっと愛している」
 
冷静に考えてみてほしい。日本の忍は「I love you」なんて言わない。興ざめもいいところだ。『NARUTO』が海を越えて売れ始めたことで、作者は海外でもウケる台詞を意識していたのではないか。そう勘ぐってしまうような浮足立った表現だ。
 
一方で、穢土転生する前に、イタチが初めて死んだ時のシーンは完璧だった。サスケのためにあえて負けることを選んだイタチは、その死に際、「許せ、サスケ」と言い残して笑顔を見せる。弟想いの優しい兄だったあの頃のように。このシーンの方が遥かに名シーンだろう。憎い兄貴を演じ切ると誓ったはずのイタチだったが、最後の最期に、理性がきかず、どうしても弟に本当の気持ちを伝えたくなる。しかし、そんなことをしたら、これまで遂行してきた計画が台無しになってしまう。サスケが木の葉の里に復讐でもしたら永遠に報復の連鎖が終わらず、平和など実現しやしない。そんな背景がありながらも、二度と会えなくなる大切な弟を目の前にしては、もう悪役としての兄を演じ切れない。ギリギリの感情が交錯する極限状況の中、精一杯絞り出した言葉が、優しい兄時代の口癖「許せ、サスケ」である。
 
ストレートにものを言わない日本人が、ここぞという場面で「愛している」と言うことに重みがあるんだ、と反論する人もいるかもしれない。が、それは大間違いだ。古来、日本では「愛」という言葉に馴染んでいない。そのことを夏目漱石は「月が綺麗ですね」と言って表現した。「許せ、サスケ」は夏目漱石にも通ずる名台詞だと思う。最高に綺麗な終わり方をしたのに、イタチを穢土転生させてサスケと再会させたのは、ストーリーとして間違いだった(と言うより、そもそも大蛇丸以外の忍が穢土転生を使えること自体が間違いだし、もっと言えば作品の延命そのものが間違いだし、と、これより先は長くなるのでまた別の機会に)。
 
ついでに付け加えると、穢土転生してからのイタチはベラベラとお喋りが過ぎる。第三者の口から事の真相が語られる中、イタチ自身は何も言わずに全ての闇を一人で抱えこんでいたから魅力的だったのに。これもストーリーの引き伸ばしが生んだ過ちだ。イタチについては、もう十分に描き尽くしたはずだったのに、無理やり再登場させるものだから、本来のキャラが崩壊してしまった。イタチに漂っていた、あの色気満点のミステリアスを返してくれ。
 
ストーリーの延命は様々な事情で仕方なくやっていたことかもしれないし、舞台裏のことは分からない。ただ、少なくとも、『NARUTO』において極めて重要な位置づけにある、サスケとイタチのサイドストーリーの結末は、あまりにもったいないエンディングだった。
 
僕のツイッターアカウントは@save_yuriです。フォローをよろしくお願いします。

 

NARUTO -ナルト- 1 (ジャンプ・コミックス)

NARUTO -ナルト- 1 (ジャンプ・コミックス)