西部湯瓜のshow論文

考えたことのメモなど

イランってどんな国?<音楽文化編>

イランの音楽事情について、紹介しようと思います。
 
例えば日本の音楽事情をざっくり説明するなら、「若者世代はロックやポップスを好んで聴き、シニア世代は演歌を好んで聴く」というようにまとめることができますね。もちろん、日本人の中にはクラシックファンも大勢いるし、ジャズだって人気は根強いです。でも、ひと言で端的に説明するなら、このようにまとめざるを得ないでしょう。外国人に「日本ではどんな種類の音楽が人気なの?」と聞かれたら、とりあえず大ざっぱな説明として、問題ないんじゃないでしょうか。
 
このエントリでは、イランの音楽事情について同じ手法で説明します。イラン人に人気の音楽ジャンルを図解すると次のようになります。
 
イランの音楽事情 図解

f:id:mt_sika:20180218153847j:plain

ポイントは伝統音楽です。伝統音楽は17世紀頃から歴史を持つジャンルで、イランでは全世代の人たちに親しまれています。「伝統音楽の有名な歌手や歌を教えてください」と質問すれば、イラン人なら誰でも答えることができます。伝統音楽の一例として僕のオススメを貼っておきます。
 
 
これはイランで有名な伝統音楽の歌手の曲です。歌手の名前はホマユーン・シャジャリアン。イランの最も有名な伝統音楽歌手シャジャリアンの後継者と期待される人物です。
 
イランの伝統音楽の歌い方はタハリール(=ウグイスのさえずり)という歌い方をします。イラン人は鳥を愛しています。鳥のさえずりを真似したのが音楽の始まりとされていて、今でも鳥を意識しているようです。え?日本人歌手の平沢進に似ている?はい、僕もそう思いました。
 
 
次にイランポップについて見てみましょう。
 
 
こんな感じです。
 
今度はイランのクラブミュージッック(ダンスミュージック)。
 
クラブミュージックでも伝統的な楽器を用いるのがイランの特徴です。
図解のところにバンダリーとありますが、バンダリー音楽というのは、伝統楽器であるバグパイプと太鼓で演奏する音楽のことです。
 
バンダリーのミックスはオススメです。
 
 
この動画で流れる曲は往年の名曲の数々です。え?日本の演歌に似ている?僕もそう思いました。
 
僕のツイッターアカウントは@save_yuriです。フォローをよろしくお願いします。
 
イランに興味のある方は、こちらもどうぞ。

sikayamakei.hatenablog.jp