西部湯瓜のshow論文

考えたことのメモなど

料理動画サイトに期待したいこと

料理動画配信サイトが人気で各社の競争が激化しているというニュースを見た。紹介された料理動画撮影スタジオの様子は、驚きの光景だった。大量のキッチン、大量のカメラ、大量の照明器具。時代のインパクトを感じずにはいられない。

f:id:mt_sika:20180324225206j:plain

f:id:mt_sika:20180324225221j:plain

f:id:mt_sika:20180324225237j:plain

ワールドビジネスサテライト 3月13日(火)午後11時放送より)

ふとよぎった疑問は、撮影のために作られた数多の料理の行方。撮影効率を考えると、同じ日にまとめてたくさんの料理を作っているはず。だとしたら、スタジオ内のスタッフだけでは食べきれないのではないだろうか。

ここでひとつ提案したい。その料理をタダで提供するサービスも一緒に提供してみるのはどうか?少なくとも話題にはなるはずだし、何より、「食の無料化」というのが未来っぽくてカッコいい。ウェブサービスブランディングとしてはイケてると思う。

僕のツイッターアカウントは@save_yuriです。フォローをよろしくお願いします。