西部湯瓜のshow論文

考えたことのメモなど

被害者の実名や顔写真報道はやめるべき−バス事故のニュースを見て思ったこと

ずいぶん前に大学生がバス事故で亡くなったニュースを見た。その学生の友人や身内に取材をして、内定先を紹介していた。その記事では、「亡くなった被害者は、こんな夢を持っていたそうです」という風に簡単にまとめられていた。

しかし、もしかしたら、亡くなった本人には、周囲に話してない本当の夢や野望があったかもしれない。書いた記者はそこまで想像したのだろうか?

本当は歌手でデビューするチャンスを狙っていたり、「俺は俳優になって売れてやる」みたいな大きな夢を胸に秘めてたかもしれない。本人の許可なく勝手に日本中に公開した被害者の顔写真だって、本人の中ではベストショットじゃなかったかもしれない。もし僕がその立場に置かれたら、そんなテキトーな記事を書いた記者をあの世から恨むと思う。

人ひとりの人生が、その記事が、永久的にネットに残るというのは大変なことだ。余計なことをするなと思う。被害者の顔写真を勝手に出すな。実名を出すな。記者が書くべきは、事故の原因と再発防止策。それが書けないのなら、記者としての素質は無い。他の仕事に移るべきだと思う。