西部湯瓜のshow論文

思考のログがメイン。他にも色々。

世のクリエイター達はベーシックインカムを全力で推した方がいい

ベーシックインカムを実現すべきだ」

経済学者が声を上げている。起業家が訴えている。政治家の中にも口に出す者が増えている。

が、彼らよりも声を上げるべき人種の人間が声を上げていない。ベーシックインカムの実現で大きな得をするのに。しかも、一般の人たちに対して抜群の発信力を持っているのに。その人種とは、クリエイターのことだ。

ミュージャン、漫画家、お笑い芸人、テレビタレント、俳優...etc。世のクリエイター(※)にとって、ベーシックインカムのメリットは極めて大きい。なぜなら多くの人間が労働から解放されれば、暇が生まれるからだ。つまりファンの可処分時間が増えるということ。これは、ファンがクリエイターの作品や応援に投下する時間が増えるということとイコール。分かりやすく言えば、平日の昼間からでもライブ活動が成り立つようになる。ブラック企業で残業していたら、夜のライブですら参戦できない。

クリエイターはこれまで、決められたパイの奪い合いに躍起になっていた。いかに他のクリエイターを出し抜くか。そうじゃないと生き残れない。でも、もっと違う方向がある。ベーシックインカムを推し進めて、パイそれ自体の総量を増やしてしまえばいいのだ。

今はまだベーシックインカムは一般に周知されていない。大学生を例に取れば、有名大学の学生でもベーシックインカムのことを知らない学生はゴロゴロいる。知らない方が多いかもしれない。まだそのレベルの認知度に過ぎない。経済学者や起業家、政治家の発信力ではてんで足りないのだ。

そこで著名なクリエイター達が一斉にベーシックインカムの必要性についてTwitterなんかで発信しまくれば、あっという間に認知度はあがる。まずはそこから始めてみたっていいじゃない。

最後に、今後各人がとるべきアクションをまとめておきたい。

>クリエイターの人たちへ

Twitterでもいいし、ライブのMCでもいいので、ベーシックインカムについて、ガンガン発信してください。あなたの使命です。どうかお願いします。なんならベーシックインカムをテーマに作品を作ってください。

>好きなクリエイターがいる人たちへ

好きなアニメだけ見て、好きな音楽だけ聴いて暮らせたら最高じゃないですか?あなたは誰のファンですか?ぜひ、そのクリエイターにその正直な気持ちを伝えましょう。「あーあ。ベーシックインカムがあれば、もっとファン活動、精力的にできるのになぁ。24時間365日応援できるのになぁ」。クリエイターを動かす力をあなたは持っています。

>クリエイターを支える事務所の偉い人たちへ

ベーシックインカムの認知度を上げ、賛同者を増やすために手を尽くしましょう。え?たしかにクリエイターのパイは増えるけど、ベーシックインカムがあれば事務所で働く社員が減って仕事にならないって?大丈夫です。あなたの仕事は人気があります。なんなら今よりもっと就職希望者は増えますよ。しかも、別に働かなくてもいい状況で働きに来るわけです。彼らの仕事に対するモチベーションはものすごく高いですよ。いい仕事します。

※ここでは「クリエイター」の定義については不正確です。厳密に言えばクリエイターというより「エンタメ産業に関わる人間」のことを書いていますが、まどろっこしくなるのを避けるため、便宜上「クリエイター」という単語で一括りにしました。

僕のツイッターアカウントは@save_yuriです。フォローをよろしくお願いします。