西部湯瓜のshow論文

思考のログがメイン。他にも色々。

『キング・オブ・トーキョー』の2人プレイをエキサイティングにする方法

ボードゲームの名作『キング・オブ・トーキョー』は、プレイヤー人数2人以上でプレイ可能ですが、人数が多ければ多いほど楽しみの度合いが増すゲームです。2人でプレイしていると、その場でもう1人呼び出したくなりますよね。でも、メンバーを多く揃えるのは簡単なことではありません。そこで僕は2人で6人分プレイすることをオススメします。つまり、1人で3人分のプレイヤーを担当するのです。

『キング・オブ・トーキョー』は本人だけが自分の手札を知っているポーカーと違って、全プレイヤーが全ての情報を把握している完全情報ゲーム(※)です。なので1人で3人のプレイヤーを担当することが可能です。この時に大事なのが、自分3体vs相手3体の構図にしてはいけないということです。あくまでも6人それぞれ独立したプレイヤーであることを目指すので、それぞれのモンスターにとっての最善手を考えてプレイしましょう。当然、自分が操る3体の間で潰し合いが発生したりします。そして、これが意外に面白い。一度この方法でプレイしてみると分かりますが、体感するワクワク値が3倍になります。もう通常の2人プレイには戻れません。

ちなみに僕がこのルールでプレイする時は、順番は相手と代わり番こになるようにします。自分が3人分プレイして、次、相手が3人分プレイするのでは、プレイしてない方の待ち時間が長くなってしまい手持ち無沙汰です。ボードゲームはやっぱり自分がプレイするのが一番楽しい時間なので、この順番の設定は重要だと思います。

厳密にはパワーカードの効果によって、本人だけが知りうる情報が出てくる場合がありますが、そこは飲み込みで!

僕のツイッターアカウントは@save_yuriです。フォローをよろしくお願いします。