西部湯瓜のshow論文

思考のログがメイン。他にも色々。

メモ魔になれる方法―Evernote「見た夢」タグのすすめ

この記事はEvernoteのヘビーユーザーやメモ魔の人に向けて書いたものではありません。メモを取らない派の人に向けて書いたものでもありません。メモを習慣化したい人や、ついついメモを取り忘れて後悔することの多い人に向けて書きました。
 
メモ魔で知られる前田裕二氏がこんなことを言っています。
 
まずメモで大事なのは、とにかく書くことです。メモとは「ノウハウではなく、姿勢」だと思っています。
 
(NewsPicks 前田裕二1万字インタビュー2017/11/20)
 
この意見には強く同意します。でも僕は、その姿勢でさえ、ノウハウで身につけられると思っています。今からその具体的な方法を紹介します。
 
メモを習慣化する方法とは何か?それは「見た夢」タグの導入です。
 
まずはEvernoteにタグを1つ用意します。タグ名は「見た夢」。そして、朝、起床したら、スマホを手に取り、眠っている間に見た夢の内容をメモします。この際、寝ぼけ眼でもサッとメモを取れるようにFasteverアプリを使うことは言うまでもありません。
 
睡眠中に見た夢の忘却スピードはマッハ的です。スマホ画面で指先を走らせながらも、記憶からディテールが抜け落ちていくことを実感するでしょう。これにより、慌ててメモする姿勢が身体に馴染んできます。
 
メリットはもうひとつ。朝、トイレに行くでもなく水を飲むでもなく、真っ先にFasteverアプリを開くことによって、目覚めた瞬間からその日一日、メモに対する意識スイッチがオンになる効果が期待できます。
 
「メモを癖付けないと!」という漠然とした意志ではなく、Evernoteに「見た夢」タグを作るという具体的なアクションから始めてみることをオススメします。
 
西部湯瓜Twitter: @save_yuri