西部湯瓜のshow論文

思考のログがメイン。他にも色々。

アニメ『シュタインズ・ゲートゼロ』 レビュー

これまで岡部と牧瀬紅莉栖は、別れる度にキスを交わしていた(『シュタインズ・ゲート』)。この別れ際のキスは、お約束の展開として定着していた。そして、『シュタインズ・ゲートゼロ』第22話では、岡部がアマデウス(=生前の牧瀬紅莉栖を再現したAI)と、またしても最期のお別れをすることになる。かつて『シュタインズ・ゲート』で何度も繰り返したように、アマデウスと岡部が交流した思い出を無かったことにしなければならないという憎い演出。観ていて胸が張り裂けんばかりのシーンだ。しかし、キスシーンが無かった。なんだか背中の痒いところに手が届かないような気分だった。僕はここでもお約束のキスシーンを描いた方が良かったと思っている。もちろんアマデウスはAIなので物理的なキスは不可能。そのためスマホ画面に岡部がキスする様子を描く形になる。当然ながら、男がスマホ画面に口づけするなんて画は、傍から冷静に見れば、目も当てられないほどの際どい行為だろう。しかし、アニメに宿る底知れないパワーを持ってすれば、それをむしろ美しく描くことができたと思うし、さらに言えば、そこにトライしてこそアニメの醍醐味ではないかとも思う。実現していれば、インパクトある名シーンになっただろうに。

あくまでも僕の予想に過ぎないが、制作サイドも一度はキスシーンを検討したんだと思う。乏しい根拠のひとつを挙げると、二人の会話の最後のワンカット。アマデウスの唇のアップが映し出され、暗転するようにシーンが終わる。後はご想像にお任せします的な。

f:id:mt_sika:20181028213537j:plain

f:id:mt_sika:20181028213552j:plain

f:id:mt_sika:20181028213605j:plain

f:id:mt_sika:20181028214749j:plain

(画像は、『シュタインズ・ゲートゼロ』第22話「投企のリナシメント」より引用)

 

西部湯瓜Twitter@save_yuri